現在のカートの中
数量:0個 商品合計金額:0円(税込)
Item Search

ゼンハイザーコミュニケーションズ社製 テレコムヘッドセット SH 330

タフな現場に耐えうる頑丈さ、
堅牢性がポイントで決めました
株式会社アイティ・コミュニケーションズ
代表取締役会長 小金澤 健司様

IT知識と言語スキルを兼ね備えた年中無休のコールセンター

同社はインターネットのプロバイダや航空・旅行といったIT知識やバイリンガルスキルが求められる顧客対応業務に強みを持ち、365日24時間対応のWeb&IPコールセンターとして急成長を遂げている。

最新技術の積極的導入

また、最先端の技術をいち早く開発・導入している点でも注目される。例えばVoIPを採用し、双方での会話と画面共有を実現した日本初のWebコールセンターを構築した。また、オペレーター端末にハードディスクのないシンクライアント端末(サーバ側で管理する最小限の機能にしぼったクライアント)とICカードを採用し、顧客データ等の情報管理には万全の体制をとっている。当然のことながらお客様とオペレーターのインターフェースであるヘッドセットについて常によりよいものを求め、妥協は許さない。

ヘッドセット品質へのこだわり

現在同社にはゼンハイザーコミュニケーションズ社製テレコムヘッドセットSH 330が導入されている。 当ヘッドセットを評価した同社大塚隆博ゼネラルマネージャーは次のように述べている。「コールセンターの設備の中でヘッドセットは大変重要なアイテムです。コストを考えて安価なものを選定しがちですが、当社ではその品質に大変こだわっております。」

ヘッドセットの選定にあたっては「お客様の声をクリアに聞き取れ、コミュニケーターの声がお客様にクリアに伝わることのみならず、その耐久性や装着感も大変重要なファクターです。特に装着感が悪いとオペレータが業務に集中できなくなるどころか、体調に支障を来たすことも考えられます。ですから当社ではヘッドセットの選定には大変慎重に行います。」と選定基準クリアの重要性を説明された。

ゼンハイザーコミュニケーションズのヘッドセット導入決定に関しては「音質については申し分がなくコミュニケーターからも装着感について大変高い評価を得た。またその作りも頑丈であり耐久性についても申し分ない」とその経緯について語った。

導入商品

ゼンハイザー製ミドルクラス片耳タイプSH330

SH 330 は音質、耐久性、安全性のバランスに優れたスタンダードな片耳式ヘッドセットです。

商品詳細ページへ

採用ポイント

  • 価格ではなく、品質でゼンコムを選定
  • 装着感の良さによるオペレータの快適性の向上
  • タフな現場に耐えうる頑丈さ、堅牢性
株式会社アイティ・コミュニケーションズ
〒060-0003 札幌市中央区北3条西3丁目1番5 シグマ北3条ビル9F
Tel:011-233-0021
Fax:011-233-0033
URL: http://www.itcom21.com/

代表取締役会長:小金澤 健司
設立:平成12年(2000年)5月
資本金:9,800万円
従業員:1,820人(2015年8月1日現在)
事業内容:コンタクトセンター受託業務及びその関連業務、CTIシステム開発

ページのトップへ