現在のカートの中
数量:0個 商品合計金額:0円(税込)
Item Search

特集記事:コンタクトセンター/コールセンター向けヘッドセット②

人気ヘッドセットメーカーの
特徴を比較してみました

コンタクトセンター/コールセンターで使用する業務用ヘッドセットは外国製のものが多く、業者経由での販売のため、一般の方にはあまり馴染みがないと思います。そこでAWPLAZAでは業務用ヘッドセットの主要メーカーの特徴を比較してみました。 はじめてヘッドセット購入をお考えのお客さま、すでに利用しているものからのリプレイスをご検討のお客さまのご参考になればと思います。 ここでは有線ヘッドセットを中心に各メーカーの特徴をまとめています。

メーカー概要

昭和12年創業の国内老舗メーカー。
主力製品の「エンタープライズシリーズ」は、長年の経験と実績から生まれたロングラン製品で壊れにくく、使いやすいヘッドセットとして広く浸透している。

公式サイト http://www.nagatsuka.co.jp/

デンマークに本拠地を置くヨーロッパの大手メーカー、コンタクトセンターで利用される業務用ヘッドセットではプラントロニクスと並び大手2社の一角。
有線ヘッドセットに加え業務用ワイヤレスヘッドセットの分野では豊富な品ぞろえでコンタクトセンターのSVから幅広い支持を受けている。

公式サイト http://www.jabra.jp/

ドイツ ゼンハイザーエレクトロニクス社とデンマーク ウイリアムデマントホールディングのジョイントベンチャーとして誕生した会社。
世界でもトップクラスのマイクロフォン・カンパニーだから提供できる高品質なヘッドセットはコールセンターの現場でも広く支持を受けている。
独自のヘッドバンド形状や頭部が接する部分のクッション等様々な工夫が施されており、装着感と快適性は長時間の使用にも適している。

公式サイト http://www.senncom.jp/

カリフォルニア州サンタクルーズに本拠地を置くヘッドセットメーカー大手。
1969年、アポロ11号の月面着陸の際に、ニール・アームストロング船長が同社の製品を通じて地球に伝えられた逸話は有名。
標準的モデル「スープラシリーズ」は大規模コンタクトセンターのみならず多くのユーザーに利用されている。

公式サイト http://www.plantronics.com/jp/

メーカー比較

メーカー名 長塚電話工業所 Jabra ゼンハイザー プラントロニクス
本社 日本 デンマーク デンマーク アメリカ
主要モデル エンタープライズ BIZ2400シリーズ CC510 アンコアシリーズ
エンタープライズシリーズIPシリーズ BIZ2300シリーズ SH330 スープラシリーズ
SH230 HW500シリーズ
USBタイプ エンタープライズUSB BIZ2400USB SC230USBCTRL ブラックワイヤーシリーズ
BIZ2300USB SC30USBCTRL
ワイヤレス JabraPRO9450 PRESENCE UC Savi Talk
JabarPRO935 MB Pro 1 UC ML ボイジャーエッジ
JabraPRO925 ボイジャーレジェンド
スピーカーフォン Jabra SPEAK 410 OC スピーカーフォンSP20 カリストP620
特徴 唯一の国産メーカーで
丈夫なつくり
業務用ワイアレス製品が
豊富なヨーロッパブランド
マイク専業メーカーが母体で
高品質が売り
種類が豊富な業務用
ヘッドセット大手
主要有線ヘッド
セットモデル例
AVAYA1600/9600接続の場合

エンタープライズヘッドセットパック片耳タイプ+MC3コード

BIZ 2300 MonoGN1200CC

SH330Avaya1600, 9600 シリーズ接続ケーブル CAVA31

HW510 片耳・オーバーヘッド・NCAvaya用HISケーブル

価格(参考価格/税込) (16,940)+(2,860)
19,800円
(17,600)+(2,640)
20,240円
(16,500)+(6,050)
22,550円
(18,700)+(5,720)
24,420円
AWPLAZA特別価格
(税込)
15,840円 (14,960)+(2,420)
17,380円
(13,585)+(5,748)
19,333円
(14,025)+(4,895)
18,920円
保証(ヘッド部のみ)※ 2年 1年〜3年 1年〜2年 1年〜2年

※ コードのみは、保証対象外となります。

コメント

既存製品をご利用の場合、買い替え、買い増しで同一メーカーでそろえることでコードなどの流用ができます。
(ご購入前に対応コードをご確認くださいませ)
新規購入の場合は、電話機との相性を確認の上で製品選定するのがおすすめです。ご希望者には、無料で評価機を貸出しております。

ページのトップへ